借入金利が低くて困ることはない

ローンの利用において、借入金利が低いことほど大きなメリットはありません。金利が低いということは、将来的に支払うべき利息が減るということです。数万円といった少額の借入なら大きな差とはなりませんが、将来的に追加融資を受けることがあるかもしれません。たくさん借りるほど借入金利を意識するようになるため、最初から低金利で借りるべきなのです。(短期間ならもっと素敵な無利息キャッシング)借入金利というのは、審査直後に決定するものです。契約後に下げてほしいと業者に交渉しても、応じてくれる可能性は低いでしょう。それゆえ最初から低金利で借りられる金融機関を選んで借りたほうがよいのです。そうなると借入先として挙げられるのは銀行、地元の信用金庫・JAなどが選択肢になるでしょう。実質年率10.0%~15.0%未満で借りることができるので、消費者金融よりも3.0%以上も低金利になっています。長期返済になりそうな方ほど、借入金利が低いローンを利用するメリットが大きいわけです。

借りたお金を1回で返済してその後は借りないという方なら、少しくらい金利が高くてもデメリットとは感じないかもしれません。しかし、絶対に1回で返済できるとは限らず、今後も追加融資を受ける可能性もあるでしょう。こうしたケースを考えるなら、やはり少しでも低金利で借りたほうが得なのです。キャッシングなどの実質年率を見ると、4.5%~17.8%といった設定になっているでしょう。ここで4.5%という金利を見ると非常に低くてお得ですが、はじめて借りるときは最低金利になることはまずありません。最初は最高金利からスタートするのが一般的であり、このローンの場合だと17.8%になると考えておきましょう。そのため最高金利が低く設定されているローンを利用するのが得策というわけです。こうしたローンは銀行に多く見られるため、低い借入金利で借りたい方にとって銀行は外せません。信用金庫やJAなどはさらに低金利ですが、即日で借りるには銀行が適しています。