女性にとって絶対に必要な「葉酸」の賢い働き

By:with wind

葉酸とは、ビタミンM、ビタミンBg、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれます。水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。

プテリジンにパラアミノ安息香酸とグルタミン酸が結合した構造を持っています。乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から見つけられました。

葉酸とは私達の身体にとって必要不可欠なものです。女性は特に葉酸を摂り入れることが非常に大事です。

その理由としてまず考えられるのは、葉酸が妊娠中の母体に良い働きをするからです。

妊娠中に特に辛い時期がつわりです。個人差はありますが、つわりが酷い人は食事を摂る事も、飲み物を飲む事も出来ないくらいになってしまいます。

その上、戻してしまいます。すると脱水症状を起こし非常に危険な状態になります。酷い人は、つわりで入院するという事も少なくありません。点滴によって脱水症状をやわらげるのです。しかし、つわりによる吐き気が治まるわけではありません。

安定期を過ぎていれば吐き気止めの点滴か、薬なども使用出来ます。しかしまだ安定期に入っていない場合はそう簡単には薬を処方されません。この様に辛いつわりを少しでも和らげるために葉酸が用いられることがあります。

葉酸はサプリメントなどで簡単に薬局で手に入ります。葉酸は妊娠中に限らず、将来妊娠を希望する女性には是非摂取して頂きたいです。将来のためにも積極的にサプリメントなどで摂取することをお勧め致します。

葉酸は、妊娠に不可欠であり日本の女性は特に注目度が低いという事も分かっています。海外では、妊娠したらタバコやお酒を止めるのと同じくらい「葉酸」は注目されています。

妊娠初期の葉酸サプリメント摂取は常識とも言えます。妊娠が分かった時点で産婦人科によっては「葉酸」を処方する病院もあります。日本ではその意識がまだ低いため葉酸を処方するというレベルまではいっていないのが現状のようです。

葉酸とは体の細胞を作るのになくてはならないビタミンの一種であり、細胞の分裂と増殖、組織と臓器の形成、巨赤芽球性貧血、胎盤早期剥離や流産の防止などの働きがあります。