妊娠したいと思ったらまずは葉酸摂取からって本当?

By:Wendelin Jacober

葉酸、というと聞きなれない言葉ではありますが、妊娠を意識するようになった女性であればご存知の方もすくなくないのではないでしょうか。

葉酸とは、妊娠時、赤ちゃんがぐっと大きく成長する際に絶対必要な栄養素の一つです。赤ちゃんの臓器が形成される初期の時期には、この栄養分が多く消費されます。

逆に、葉酸が不足すると妊娠自体に影響が出てきたり、貧血を起しやすくなったり、赤ちゃんの神経管閉鎖障害などを引き起こす可能性が高くなります。

それではいつからいつまで摂取すべきなのでしょうか。

一般的には、妊娠の4週前から妊娠12週までの摂取が推奨されていますが、実は、妊娠する前から摂取すべき栄養分なのです。つまり、妊娠を考え始めたときから、サプリメントとして摂るといいのではないでしょうか。

筆者の場合、妊娠が発覚してから葉酸のサプリメントを摂り始めました。主治医にいつまでとるべきか聞いたところ、妊娠中はずっと飲むように言われましたが、これは人によりけりかもしれません。

また、妊娠とは別に、葉酸は、身体の中で大切な役割を果たしています。口内炎がなかなか治らない、口内炎が増えたなどの症状が出た場合には葉酸不足かもしれません。葉酸は、日々の食生活でも摂ることができますので、ぜひ取り入れてみてください。

葉酸をたくさん含む食品としては、ほうれんそう、モロヘイヤなどの葉ものや、いちご、アスパラガス、ブロッコリー、レバーなどがあります。ただ、妊娠中には、食事からの摂取だけでは不足しがちだと指摘されておりますので、妊娠中にはサプリメントも合わせてとることが勧められているようです。

サプリメントには、葉酸だけのサプリメントもありますが、妊娠中の女性向けのマルチビタミンの中にも葉酸が入っていることも多いです。どちらを選ぶかは、成分表を参考にぜひ検討してみてください。

最後に、葉酸の過剰摂取は、ビタミンB12欠乏症であった場合にはそれが見極められなくなるということがわかっていますので、サプリメントは飲み方の注意書きをよく確認してから飲むようにしてくださいね。