妊娠中は取り入れる量を多くしたい葉酸成分も取りすぎはタブー

By:Vincent Chow

葉酸の成分は、妊娠したら、必ず摂取するべき要素として有名です。

妊娠時以外にも葉酸は体に良い成分として普段から取り入れるべき要素です。葉酸は、ほうれんそうや、ブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれている、水溶性のビタミンなのです。体に良い成分なので、たくさん食べたら良いかと言うとそうでもなくて、大量に取りすぎるのも、リスクがあるとも言われます。

妊娠中に葉酸を取るべきだと推奨しているのは、厚生労働省であり、400マイクログラムは必要だといわれています。

葉酸は体に必要だといわれているし、体に良いのだから、それ以上にもっともっと摂取しようとしたら、逆効果になる場合があるようなのです。

実は葉酸を取りすぎるとリスクがあると言う実証が、研究機関から発表されているのです。その内容は、体にじんましんや湿疹などが出たりする症状があったり、発熱が出たりするようです。

妊娠中に大量摂取し過ぎたら、生まれて来た子に症状が出て、ぜんそくになったりするようなのです。だから、葉酸は、栄養価が高くて、たくさん取り入れたいところですが、必要な量を適度に取りすぎる事はタブーな事だと言えます。

葉酸をしっかり摂るためには葉酸サプリを飲むことが最適です。薬局でもたくさん売っているので簡単に買えちゃいます。一般的な葉酸サプリ 飲み方としては1000マイクログラム以上は飲まないように気をつける事です。

そして妊娠中は、量が足りなさ過ぎるのもいけないので、きちんと厚生労働省が推奨している400マイクログラムの量を取り入れる事が必要です。

妊娠中は、いつからいつまで、その400マイクログラムを取り入れたら良いのかと言うと、いつからと言うのは、妊娠初期は必ず必要だと言われます。出来れば、妊娠3ヶ月前~1ヶ月前辺りが、理想だと言われていて、妊娠を望む人、妊娠したいと妊娠活動中の人は、妊娠前から飲むべき成分だと言われています。

そして葉酸をいつまで取り入れないといけないのかと言うと、取りすぎる量さえ気をつければ、妊娠後もずっと継続して取り入れてると良いでしょう。

妊娠中いつまで葉酸を取り続ければいいのでしょうか?

By:monicasecas

私は現在妊娠中の妊婦です。私が妊娠中に葉酸を取ると良いと知ったのは妊娠中期でした。それまで私は妊婦さんがなぜ葉酸を取ると良いのか、なぜ葉酸を取らなければならないのかを知りませんでした。

葉酸は赤血球を作るのに必要なとても大事なビタミンだと聞きました。葉酸は胎児が正常に細胞分裂するために必要不可欠なものです。ですが葉酸は体内に蓄積できないためこまめに取る必要があるそうです。

ではいつまで葉酸を取れば良いのでしょう、実はいつまでという事はないんだそうです。

胎児が葉酸を必要にするのは、妊娠から4週間目から12週間目位までと言われています。ですが出産後、授乳中も葉酸をとったほうがいいと言われているのでいつまでという性格な期間はないんだそうです。さて、葉酸の必要性について書きましたが、だからといって、葉酸ばかりに気を使うような極端な方向には間違っても行かないで下さいね!

当たり前ですが、元気な赤ちゃんを産むために必要なのは葉酸だけではありません。葉酸を含む色々な栄養のバランスの取れた食事、ストレスの少ない生活、たっぷりとした睡眠、これらを心掛けて健康な赤ちゃんを迎えましょう。

葉酸は妊婦さんにとってとても重要です。ただ、妊娠中の食生活が胎児の喘息の発症に及ぼす影響としては、野菜や脂質の多い食品の摂りすぎが関係しているといわれていわれているみたいです。また、乳製品の摂りすぎは胎児のアトピー発症に影響するといわれています。

葉酸を摂取することは重要なのですが、偏った食生活をしていてはいくら葉酸の基準値を摂取できたからといっても胎児に悪影響を及ぼす危険性があります。さらに、通常の食事で葉酸を必要以上に摂取したとしても体内に蓄積されず、排出されてしまう、という性質があります。

つまり一度に大量の葉酸を通常の食事から摂取したとしても体内に溜め込んでおくことは出来ません。ただし、通常の食事から葉酸を摂取する場合には過剰摂取してもさほど問題はありません。なぜなら先程も言いましたが葉酸は1度に多く摂っても、体内で消費出来なかった分は、尿などと体外に排出されてしまうからです。

ですから、大切なことは必要な所要量を毎日摂ることなのです。1日だけで補うことはできないので注意しましょう。

過剰摂取し過ぎてしまうと不眠症、消化不良、食欲不振、吐き気、むくみ、アレルギー性反応、全身倦怠感の可能性が出てしまうみたいですしね。

女性にとって絶対に必要な「葉酸」の賢い働き

By:with wind

葉酸とは、ビタミンM、ビタミンBg、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれます。水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。

プテリジンにパラアミノ安息香酸とグルタミン酸が結合した構造を持っています。乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から見つけられました。

葉酸とは私達の身体にとって必要不可欠なものです。女性は特に葉酸を摂り入れることが非常に大事です。

その理由としてまず考えられるのは、葉酸が妊娠中の母体に良い働きをするからです。

妊娠中に特に辛い時期がつわりです。個人差はありますが、つわりが酷い人は食事を摂る事も、飲み物を飲む事も出来ないくらいになってしまいます。

その上、戻してしまいます。すると脱水症状を起こし非常に危険な状態になります。酷い人は、つわりで入院するという事も少なくありません。点滴によって脱水症状をやわらげるのです。しかし、つわりによる吐き気が治まるわけではありません。

安定期を過ぎていれば吐き気止めの点滴か、薬なども使用出来ます。しかしまだ安定期に入っていない場合はそう簡単には薬を処方されません。この様に辛いつわりを少しでも和らげるために葉酸が用いられることがあります。

葉酸はサプリメントなどで簡単に薬局で手に入ります。葉酸は妊娠中に限らず、将来妊娠を希望する女性には是非摂取して頂きたいです。将来のためにも積極的にサプリメントなどで摂取することをお勧め致します。

葉酸は、妊娠に不可欠であり日本の女性は特に注目度が低いという事も分かっています。海外では、妊娠したらタバコやお酒を止めるのと同じくらい「葉酸」は注目されています。

妊娠初期の葉酸サプリメント摂取は常識とも言えます。妊娠が分かった時点で産婦人科によっては「葉酸」を処方する病院もあります。日本ではその意識がまだ低いため葉酸を処方するというレベルまではいっていないのが現状のようです。

葉酸とは体の細胞を作るのになくてはならないビタミンの一種であり、細胞の分裂と増殖、組織と臓器の形成、巨赤芽球性貧血、胎盤早期剥離や流産の防止などの働きがあります。

サプリに頼らず「葉酸」を摂取!私と「なつめ」の運命的な出会い

By:Clean Wal-Mart

「葉酸」―――。

正直、馴染みのない言葉でした。

胎児の先天異常を防ぐ、胎児の臓器形成に欠かせない栄養素だということ。その重要さに気が付かされたのは、妊娠発覚後でした。

それで慌てて食事改善!ブロッコリーやアボカド、マンゴー、ほうれんそうにモロヘイヤ、納豆…幸いつわりが軽く、何でも食べられたので毎日何かしら摂取しました。

ただ、時々外食をしたり体調不良で料理ができなかったとき、栄養不足が心配になります。

しかしサプリに頼るのはあまり好きでない私。こんな時でもなんとか食べ物や飲み物から簡単に摂取したいと思い、インターネットで調べものすること数日。

後日、漢方薬局へ。

漢方薬局で何を買ったかとお思いでしょう。

「なつめ」という果物が目的です。「なつめ」は韓国料理の参鶏湯などでもお馴染みの生薬(鶏のお腹に入っている紅色の楕円のもの)で、漢方では重要な役割を果たしています。

漢方薬局や中華食材店には、砂糖漬けにされたものや、乾燥されたものが売っているの場合があるとのことで1駅となりにある漢方薬局へ駆け込んだのです。

「なつめ」の成分としては亜鉛の他には鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分、ナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維、サポニンなどが豊富に含まれています。

妊娠発覚当初、私は葉酸は初期のみに必要で、中期以降いつまでも心配しなくて良いものかと思っていましたが、実際には妊娠前から必要な成分であるそうです。ならばなおさら、サプリメント以外で簡単に摂取できる方法をと、試行錯誤しました。

そこで私はルイボスティーと一緒に煮出してみました。ルイボスティーには亜鉛やポリフェノールなどのミネラルが含まれていて、「卵子の質を上げる」「子宮を温める」などと言われています。

そのルイボスティーの茶葉大さじ1と砂糖漬けの「なつめ」1~2個を1リットルの水から煮出します。すると、「なつめ」の栄養分と砂糖が溶け出し、ほんのり甘くて美味しい紅茶の出来上がり。

少し濃い目に出るので、夏場は冷蔵庫で冷やし、飲むときにお湯で薄めて常温くらいの温度で飲みます。(冷えは子宮の天敵ですから、常温以上で頂きましょう!)

そのほかのオススメレシピとしては、砂糖漬けなら刻んでポテトサラダに。うま味が感じられます!ヨーグルトにももちろん合います。砂糖漬けならそのままでも充分おやつに。

また、乾燥のものならそのままドボンと中華風のスープやおかゆの中に入れて煮込みます。

そして、「なつめ」の成分がありがたいのは、妊娠中だけに留まりません。貧血、冷え性、PMSや生理痛、お肌の悩みにもうってつけなのだそうです。

更年期障害の緩和にも役立ちますから、生涯通じて日常的に摂取し、家族と共にいつまでも元気に過ごしたいと思いました!

妊娠したら必須栄養素の葉酸の役割とおススメの取り方

By:Chris Combe

葉酸は、妊娠したら胎児の成長に絶対に必要な栄養素として「葉酸」と紹介されることが多いです。では、いつからいつまで必要かというと、妊活する1か月前から摂取するといいといわれています。

葉酸と胎児の関係としては、妊娠初期や妊娠前から摂取していることで、神経系の先天異常の発症のリスクを低下させる効果がある言われています。

積極的に取っているつもりでも、1日の平均の摂取量は300μg未満といわれています。日本人の必要量は400μgになってなっています。しかも、妊娠初期だと480μgを摂取するようにとされています。意識してもなかなか、摂取できていないのが現状です。

葉酸は水溶性ビタミンの一種です。緑黄色野菜や豆類に多く含まれています。しかし、水溶性ビタミンの特徴として水に溶けだしてしまうと点があげられます。

野菜など、流水につけているだけで栄養素が流れてしまいます。そんな野菜の食べ方としては、汁ごと食べれるようなスープをおススメします。

実際に私も野菜スープに助けられました。妊娠初期は人によってはつわりがひどくいつまで続くかわからないため不安になり、食べることさえ苦痛に感じることもいると思います。でも、赤ちゃんのためにと食べないと思っている人もいます。少量の料理でたくさん栄養取ることができます。

葉酸の多く含まれる野菜はホウレンソウ、ブロッコリー、枝豆、アスパラ、春菊、トウモロコシ、コマツナ、アボガド、などがあります。

これらの野菜を1センチ角の大きさに切りそろえて、醤油ベースの和風スープや、鶏がらベースの中華スープ、コンソメやトマトベースの洋風スープなど、好みのスープに入れて野菜が柔らかくなるまで煮込めれば完成です。

これだけだと、タンパク質不足が気になります。そんな時は大豆水煮や豆腐といいた大豆製品、さっぱりしていて食べやすいささみやツナ、溶き卵でとじたりすれば、解消することができます。自分に合った方法で摂取できると楽しくなします。

妊娠するまで葉酸を知らなかった私のドタバタ体験談

By:Mike Cattell

あと1か月で子供がとうとう1歳になります。この1年本当にあっという間に過ぎていきました。

思えば初めての妊娠で知らないことだらけだった私。妊娠が発覚したのが2か月を過ぎたあたりでした。

病院で診察して貰い、妊娠が確定してから一通り喜んだあと、妊娠中の生活について何も知らなかったのでネットでいろいろ検索をしていました。そんな時、「葉酸を摂ろう!」という趣旨の記事を見つけて何だこれ?と思いました。

恥ずかしい話、サプリメントで「ヨウ酸」というものはよく見かけていたものの、「葉酸」というものは初めて知り、その必要性についても全然知らなかったのです。

するとこの葉酸、赤ちゃんの能や脊髄の元となる神経管を形成するうえで必要なものだと書いてある上に、妊娠初期に摂取するべきと述べられているので、大慌てで摂取方法といつまで必要なのかについて調べました。

まず一番簡単な摂取方法がサプリメントです。ネットでも様々なものが売られており、出産してから知ったのですが、子供用品店でも葉酸のサプリや食べ物を販売しているお店が結構ありました。

サプリでなくてもホウレンソウやイチゴ、納豆などにも含まれているそうですが、食品から摂取しようとすると少量しか摂ることが出来ず、ズボラな私にはなかなか難しいようなので、やはりサプリに頼るのが一番楽かなと思いました。

次に重要ないつまで葉酸を摂るべきなのかという点ですが、何と妊娠3か月頃までなんだそうです。そ、そんなの妊娠が発覚してすぐじゃないですか!と思ったらそれもそのはず、出来れば妊活中から摂取するべき栄養素なのだとか…

知らなかった…。大事な赤ちゃんに何かあったらと思うと怖くてすぐにサプリを注文し、商品が届くまではひたすら納豆とイチゴを食べていました。(笑)

今から摂取しても遅いかな?とも思いましたが、調べてみると特にいつまでと決められている訳ではなく目安で、妊娠初期は赤ちゃんの為に必要で、中期と後期は母体の健康の為に、産後は母乳の為に摂るべきだとのことでした。葉酸って赤ちゃんにもお母さんにも大切な栄養素なんですね。

ちなみにわが子は無事健康に生まれてきてくれて一安心でした。この経験を踏まえて、2人目の時は妊活中から積極的に葉酸を摂取するように心がけたいと思います。

妊娠したいと思ったらまずは葉酸摂取からって本当?

By:Wendelin Jacober

葉酸、というと聞きなれない言葉ではありますが、妊娠を意識するようになった女性であればご存知の方もすくなくないのではないでしょうか。

葉酸とは、妊娠時、赤ちゃんがぐっと大きく成長する際に絶対必要な栄養素の一つです。赤ちゃんの臓器が形成される初期の時期には、この栄養分が多く消費されます。

逆に、葉酸が不足すると妊娠自体に影響が出てきたり、貧血を起しやすくなったり、赤ちゃんの神経管閉鎖障害などを引き起こす可能性が高くなります。

それではいつからいつまで摂取すべきなのでしょうか。

一般的には、妊娠の4週前から妊娠12週までの摂取が推奨されていますが、実は、妊娠する前から摂取すべき栄養分なのです。つまり、妊娠を考え始めたときから、サプリメントとして摂るといいのではないでしょうか。

筆者の場合、妊娠が発覚してから葉酸のサプリメントを摂り始めました。主治医にいつまでとるべきか聞いたところ、妊娠中はずっと飲むように言われましたが、これは人によりけりかもしれません。

また、妊娠とは別に、葉酸は、身体の中で大切な役割を果たしています。口内炎がなかなか治らない、口内炎が増えたなどの症状が出た場合には葉酸不足かもしれません。葉酸は、日々の食生活でも摂ることができますので、ぜひ取り入れてみてください。

葉酸をたくさん含む食品としては、ほうれんそう、モロヘイヤなどの葉ものや、いちご、アスパラガス、ブロッコリー、レバーなどがあります。ただ、妊娠中には、食事からの摂取だけでは不足しがちだと指摘されておりますので、妊娠中にはサプリメントも合わせてとることが勧められているようです。

サプリメントには、葉酸だけのサプリメントもありますが、妊娠中の女性向けのマルチビタミンの中にも葉酸が入っていることも多いです。どちらを選ぶかは、成分表を参考にぜひ検討してみてください。

最後に、葉酸の過剰摂取は、ビタミンB12欠乏症であった場合にはそれが見極められなくなるということがわかっていますので、サプリメントは飲み方の注意書きをよく確認してから飲むようにしてくださいね。

噂の葉酸パワーで美肌とダイエットの両方に挑戦してみた

By: Kenny Louie

友人からの勧めで、葉酸のサプリメントを服用し始めました。正直葉酸とは何か全く知らなかったのですが、ほうれん草やレバーに多く含まれる成分のようです。

友人は生理不順に効き、自然妊娠の助けをする働きがあること、妊娠の際赤ちゃんが健康に生まれる働きをすると聞いて服用していました。無事生理不順も軽減され、健康な赤ちゃんも生まれ、これは効果があるということで私にも勧めてくれました。

調べてみると、ダイエットや美容や便秘解消、美髪など美容にも効果があるらしく、サプリメントに興味がなかったのですがとりあえず服用しました。

飲み始めは特に効果はなく、いつまでも変化がなかったら止めようと思いました。ですが2週間くらい服用して、ニキビが減ったと感じました。

夜更かし、暴飲暴食をよくしていたのですぐ顎の下に大きいニキビができます。一番ひどいときに大きく赤白いニキビが3個できたときは絶望しました。ところが葉酸サプリを服用してから顎ニキビがなくなりました。若干潰したあとはうっすらありますが、確実に改善されました。

また、3日は普通に出ないくらいの便秘症で、ヨーグルトを毎日食べたり、運動してもなかなか改善されなかったのですが、葉酸サプリを服用してから改善することができました。サプリメント自体特に興味もなく、飲んだくらいで効果がでるなんて信じてなかったのですが、これは確実に効果がでたので非常に満足しています。

もちろんサプリに頼るばかりではなく、化粧道具を新品に変えて肌の負担を減らしたり、夜更かしをなるべくしたり生活改善にも取り組みました。サプリを服用したことによって今までの生活スタイルを改善するきっかけになったことが一番大きかったです。

もちろんいいことばかりではなく、ダイエットに関しては特に効果はありませんでした。代謝をあげる働きを補助するということだけで、特に脂肪を分解、吸収するといった直接的な効果はないようです。その点は、やはり運動や食事の管理など自身で努力しなければいけないと感じました。

現在も服用は継続しており、いつまで服用し続けるかは未定ですが、あくまで健康補助食品としてもれからも愛用していこうと思います。

葉酸だけは出産するまで気にして摂り続けました

By: digital cat

妊娠に気付いてスグから摂り始めた葉酸は私は漠然と出産するまで摂り続ければイイんだと思っていました。

妊娠出産と葉酸摂取期間は同じだと思っていたのですが、出産間近の検診の時に、母乳の為にも葉酸はイイと聞き、いつまで摂り続ければイイんだろう…と悩みました。私が主に摂っていたカフェオレ風の飲み物を飲んだり、葉酸の多い野菜を食べたりする事には抵抗は無かったのですが、飲んでいる葉酸サプリメントだけが私の口に合わず…。

母乳の為にも葉酸がイイと聞いた時にはこのサプリメントとまだ付き合わなければいけないのか…。と残念な気持ちになったのを覚えています。

葉酸サプリメントは夫が進んで含有量が多いものを調べ通販で定期購入してくれていたので、気持ちが嬉しくて口に合わないからいらないと言えませんでした。

そして出産してからは葉酸サプリメントだけは止めてしまいました。でも、その他の所は気にして摂っていたので、妊娠前とかよりは断然多く摂っていると思います。ただ、ネットで調べると葉酸は妊娠する前から飲んでいた方がイイし、母乳期間も飲んだ方がイイし、母乳が終わってからも母体の為に飲み続けた方がイイなどなど…。

調べれば調べるだけ一体いつからいつまで飲めばイイのか分からなくなりましたが、結局は葉酸って体にイイものだからズーッと摂ってた方がイイってゆう事なんだろうなぁ。と思いました。

私の場合は母乳の出が良くなく頑張っても頑張っても飲みっぷりの良い我が子には足りないらしく、生後3ヶ月の時に本人が母乳を拒否しました。お腹が空いたと泣くので母乳をあげようとしたら反り返って泣いて拒否。

この時はどうしてこんな泣き方をするのかが分からず、取り敢えずミルクを作ってみようと思い急いでミルクを作り飲ませたところ、ゴクゴク一気に飲みとても満足そうでした。それからは本人が母乳をイヤがり、ミルクを好む様になったので少し残念でしたが私の母乳育児期間はとても短いもので終わってしまいました。

そして、いつまで続ければイイんだろうと思っていた葉酸を気にする生活もこの頃に終わりました。なので、私の葉酸を気にする生活は妊娠初期から卒乳までという感じでした。

赤ちゃんが欲しいと思ったらすぐ葉酸を。不妊にも効果的。

By: Melissa

現在、妊娠に関するサプリメントとして葉酸はその名が広く知れ渡っています。TVや雑誌などでも葉酸の摂取を推進する宣伝を目にすることも多いですし、妊娠中に積極的に摂取することを薦められるサプリメントとして代表的なものなので妊娠経験のある方や妊活中の女性なら知らない人はいないのではと思います。

しかし、意外にもまだ葉酸の正しい摂取や効果を理解していない人も多いと思います。妊娠して産婦人科に行って、診察室のテーブルに置いてある葉酸を見て、そこで医師の薦めで初めて手に取る人も多いのではないでしょうか。

ですが、正直言って葉酸は妊娠してから飲み始めるのでは効果を最大限に受け取ることができません。なぜなら葉酸には胎児の神経管の閉鎖障害などを70%~80%減らすことができ、胎児の障害や死産、また染色体異常の初期流産のリスクを抑える働きがあるとされています。

しかし葉酸が母体である女性の体に行き渡るのには最低でも約1ヶ月はかかります。つまり、妊娠が成立する着床時期である排卵後7~10日後より遡ること1ヶ月前からの摂取が必要ということになります。

もちろん妊娠中にも継続して必要なものなので1ヶ月前に摂取ができていなかったからといって、もう飲んでも意味がないとか必要がないということではありません。また、いつまでに摂取するのをやめなくてはいけないといったものでもありません。

1日400マイクログラムを目標にし、ビタミンB12やB6と併せて取ると吸収力がアップします。いつからいつまでという期間にこだわらず、妊娠に気づいたその日から、いつまででも積極的に摂取すると良いと思います。

また、葉酸は妊活中の方にとって妊娠力を高めるのに効果的なものとも言えます。葉酸には受精卵の着床を促し、着床後の受精卵の成長をサポートしてくれる働きがあります。

なぜなら葉酸には赤血球の形成を助け、血液を作り、血をサラサラにして血流を促進する働きがあります。この働きにより子宮内膜を厚くし、着床しやすくなり、着床した受精卵に栄養を送り込み成長を促すのです。

こうした働きにより不妊原因の一つとされる着床障害に効果的とされています。さらに不妊原因の最も大きな原因とされるのが卵子の質です。近年、卵子の質の良し悪しが妊娠において最も左右される要因と言われています。卵子の質が悪くては当然、受精も着床も成し得ないからです。

最近では卵子の老化という言葉を耳にすることも多いですが、これが最大の不妊原因とされています。老化した卵子というのはつまり質の悪い状態の卵子ということです。卵子の質を改善するには、やはり血流を促進して卵巣にどんどん栄養を送り込むことで、元気で質も良く、妊娠しやすい卵子を作り出すことができるというわけです。

妊娠希望の方はすぐにでも毎日の習慣として葉酸を取りながら、可愛い赤ちゃんに会える日を楽しみに過ごしてください。